2008年07月09日

再度マイクロバブルバス

最近、ずんたんの体カキカキがひどいです。
前から掻いてましたが、ここのところ掻き方が激しくなっています。
そういえば、昨年も今頃の季節がひどかったなぁ。
掛かり付けのお医者さんが言うにはアレルギーではなさそうだそう。
シャンプーをこまめに、とのことで1週間に1回洗ってるのですが、
それでも痒そう。ブルドッグ系はどうしてもね〜と。
でも、痒そうにしているずんたんを見ていると、なんとかしたいexclamation

ということで、マイクロバブルバスに行ってみようといい気分(温泉)
実は昨年も1回行ったのですが、あまり変わらなかったので忘れてました。
ところが、何回か行ってるうちに良くなると何かで読み、再度挑戦する気に。
1回じゃダメだったんですね〜ふらふら
だいたいサロンでは1回4000円以上しますが、
病院ではもう少し安く受けられるということ知り手(チョキ)
車で30分ぐらいの所にあるのを見つけ、行ってみることに車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

まず、先生の診察を受けました。
たいたいの症状をお話し、肌の感じを見ていただきました。
そのあと、マイクロバブルバス。1時間ほどずんたんを預けました。
すごく不安そうなずんたん。

その間、ぴよを連れて近くの公園へ。
このときの様子はまた後日。
というわけで、今日はぴよの写真なしねあせあせ(飛び散る汗)

病院に戻るとちょっと興奮気味のずんたんが待ってました。
また一人にしてゴメンねたらーっ(汗)
バスの中では大人しかったですよ〜とのこと。

バス中の写真をいただきました〜カメラ

20080709_再度マイクロバブルバス@.jpg

ずんたんの顔が浮いてる〜、と
写真を見たとき、爆笑してしまいましたわーい(嬉しい顔)

20080709_再度マイクロバブルバスA.jpg

耳を伏せてます。
シャワーが怖かったのかな。

今回のところは初診料が1500円。
マイクロバブルバスの回数券(4回)が4000円。但し有効期限は1か月。
計5500円でした。
今回はつい最近、家でシャンプーをしたばかりだったので、
マイクロバブルバスのみでしたが、次回はシャンプーもしてくれるそう。
少し、低刺激の自然に近いシャンプーを使ってみましょう、
通っているうちに必ず治るから、と仰っていただきました。
有効期限もあるし週一で通って、どれぐらい効果があるか。
楽しみでするんるん

20080709_再度マイクロバブルバスB.jpg

帰って来てからのずんたん。
お風呂に入ってお疲れ。グッスリ寝てました眠い(睡眠)
posted by はなぼたん at 10:24| Comment(5) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

ずんたんの胃

ずんたんの具合ですが、先週ぐらいから格段に良くなってきましたexclamation
吐く回数が減ってきたし、なにより元気が出てきたんですわーい(嬉しい顔)
具合が悪かったときは吐くのもつらかったのですが、
それ以上に元気がなく、寝てばっかりいたのが心配でした。
でも、今はぴよともよく遊ぶし、遊ばないときも起きています。
うれしい〜ハートたち(複数ハート)

何が良かったんだろう?と最近変えたことを考えていました。

@朝、起こすのをやめた。
 たくさん吐くようになってから、ずんたんはなかなか起きてこなくなってました。
 それを、無理やり起こしてご飯を食べさせてたんですけど、
 起きて来るまで起こさないようにしたんです。

A薬が変わった。
 後で書きますが、いつもの病院でもう一度検査をしてもらいました。
 その結果、ひとつだけ今までと違う薬がありました。

Bフードを変えた。
 いろいろHPを見ていたところ、巨大食道症のワンちゃんでフードを変えてから、
 吐かなくなったというのを見つけて、そのワンちゃんが食べているフードに
 変えてみました。

AとBは具合が良くなり始めたあとのことなので、やっぱり@かと。
最近は、起きてくるのも前より早くなってきました。
午前はやっぱり吐きやすいですけど、それでも少なくなってきました。

まだまだ、まったく吐かない、ということはないので安心はできませんが、
とりあえず、良くなっているというのを実感できてちょっとホッっとしています。
ただ、もう一度検査をしてもらったときに、他にも吐く原因があることがわかりました。
まだまだ、油断は禁物exclamation
と同時に、勉強しなくてはいけないなぁ、と思っています。

応援していただいた方、このブログを読んでいただいている方、
ありがとうございます。
くらーい気分でいたこともあったのですが、本当に励まされました。
これからご心配おかけしそうですがexclamation&question、でもガンバって良くしていきます。

最近は具合も良くなって来たので少しづつ公園に行くようになりました。

20080310_ずんたんの胃.jpg

写真を撮るためにワンコを並べるとなんでこんなにつまらなそうなんですかねぇ。

検査のときの様子は続きから...
続きを読む
posted by はなぼたん at 11:02| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

食道炎その後

20080228_食道炎その後.jpg

食事中、となりにいるぴよにご飯をちょっとあげようとすると、怒るずんたん。
鼻の上にシワを寄せて、何か小動物のような顔で怒ります。


今週の火曜日に病院に行ってきました。

ずんたんの具合はというと、実はあまり変わらず、といった感じ。
今後どうするか、先生とお話ししました。

いままで飲んでいたお薬は胃腸のお薬だそうで、
食道を良くするお薬というのはないそうです。
なので、食事のあげ方や抱っこを工夫するしかありません。
お薬を始めてから食事を1日2回から3回に変えていたのですが、
もう少し回数を増やして、1回の量を減らしてみることにしました。
あと、ずんたんの食道は左に傾いているそうなので、少し左気味に抱っこ。
以上を実行してみます。

ずんたんの様子はというと。。。
とにかく朝が調子悪い。
朝起きぬけに吐くことがあります。
昨日の夜食べてた物が食道に溜まっていたんだなと。
食道炎によくないのは、食道内に食物が留まっていることなのですが。

朝ごはんを吐くことも多いです。
ひどいときは食べてる最中に吐いてしまう。抱っこ中に吐くことも。
吐きそうになると、下に降ろします。
吐くときは無理せず吐かせたほうが良いらしいです。
その時に誤嚥して肺炎になってしまうことがあるそうで。
それが一番怖いです。

なぜか食後は遊びたがります。
遊んだために吐いてしまうこともあるので、
あまり遊ばせるのは良くないとも思うし、
けっこうメンタルな部分も具合に反映されている気がするので、
遊ばせたいし、と悩んでいます。

散歩はあまり長い時間は禁止です。
ずんたんはうんちは家でもしますが、どうも外のほうが出がいいみたい。
なので、外でさせたいのですが、外に出ると吐いちゃう。
最近は他のワンちゃんと接触することが少ないので、
お友達ワンちゃんと会うと異様に興奮してしまいます。
それも良くないよね。

午後になると調子が良くなってきます。
夕方の食事ではたまにしか吐かないです。
夜の食事ではほとんど吐かない。
少しホッとします。

調子の良い時(おとうたんがお休みの日が多いです)は、
朝から1回も吐かず、お散歩すると最後に少し吐きますが、
あとはほとんど吐かない、という日もあります。
こういう日を増やして行きたいんですけど、なかなか。

今は情報収集をして、ずんたんが吐かなくなるような方法をいろいろ模索中。
なにかいい情報があったら教えてくださいね。
posted by はなぼたん at 10:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

食道炎経過

20080219_食道炎経過.jpg

先週の金曜日に病院へ行ってきました。
食道炎の薬を飲んで一週間経ったので経過を診てもらいに。

結果は、あまり変わっていないので、
今の薬をもう少し続けて見ましょう、です。
あと10日分のお薬をもらってきました。

ずんたんの具合がどんな感じかというと、
薬を飲み始めて最初は薬を吐いてしまったり、
ご飯を食べた後すぐ吐いたりしてたんですが、
病院に行く2、3日前から少し吐かなくなってきて、
日曜にはちょっと公園に行ったんです。
その日はすこぶる調子が良くって、ぴよと楽しそうに遊んでました。
少し走ったりして。
なので、良くなってきたんだ、
薬や抱っこしていたのが効いてきたのかなぁハートたち(複数ハート)
と思っていたのですが、
月曜からまた調子が悪くなってきてしまいました。
特に朝が悪い。
月曜なんて30分以上抱っこしていたんですけど、
おろしたとたんにゲェーもうやだ〜(悲しい顔)
ずんたんの食道ってレントゲンでみると真っ直ぐじゃなかったから、
ただ、抱っこしているだけじゃダメなんじゃないか、
とか考えてしまいした。
今度、先生に聞かなければ。

こんな感じで一進一退です。
早く走り回れるようになりたいね、ずんたん。
posted by はなぼたん at 13:16| Comment(11) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

食道炎

先週の金曜日に病院へ行ってきました。
ずんだの再手術の術後経過を見てもらうためです。

傷口が治れば軟口蓋過長の治療は一応終了ということで、
とにかく今は吐いて吐いてそちらのほうが気になるとお話して
今度はそちらのほうの治療に移ることになりました。

前に少し書きましたが、最初の手術のときにずんたんはバリウムを飲みました。
そのときわかったことは、ずんたんの食道は垂れて(広がって)いて、
そこに食べ物が溜まってそれを戻しているそうです。
食道が垂れてしまった原因はしょっちゅう吐いていたため、胃液で食道が荒れたそうです。
よく吐く原因のひとつに軟口蓋過長が考えられ、
今回の手術でひとつ原因を減らせた、ということなんですが。

治療法としては、ご飯を食べるとき人間のように縦になるように食べさせる。
ご飯を食べたあと体が縦になるように抱っこしている。
それで食べ物が重力で胃に送り込まれるようにするわけです。
ですが、それから1ヶ月続けましたが一向に良くならず。

もう一度バリウムを飲んでレントゲンを撮っていただきました。
結果、1ヶ月前と変わっていませんでした。
診断は食道炎ということでした。

お家に帰ってから調べてみると・・・ちょっとまとめてみました。
■食道炎■
【原因】胃からの逆流がきかっけで食道が傷ついたりし炎症を起こします。
    また、化学刺激物を食べてしまったり、食道に異物が詰まってしまっても起こります。
【症状】嘔吐、嚥下困難、よだれ、食道の不快感による食欲不振・体重減少、脱水、
    血液を含む唾液のような体液の吐出などが起こります。
    誤嚥性肺炎を併発しているときには、呼吸困難や発熱が起きます。
    食道狭窄を後遺症として残す場合もあります。
【治療】軽度の食道炎では、2〜3日食餌を控えます。
    重度の食道炎のある動物では、治療に時間がかかるため、胃へ直接チューブを通して
    食餌を与えることで食道への刺激を避けます。

一週間お薬をあげるのと、食事のときなるべく体が縦になるように与えるのと、
食後に抱っこすること。あと、一週間はお散歩にはあまり出ないようにとのことでしたたらーっ(汗)

20080212_食道炎@.jpg

いただいたお薬。食道の動きを良くするものや胃薬です。

20080212_食道炎A.jpg

食事を上げてるところ。
生クリームの絞り機に水でふやかしたドッグフードを入れてます。
ずんたんは抱っこが嫌いなのでけっこう大変ですあせあせ(飛び散る汗)
 
今のずんたんの様子はというと、朝はあまり食欲が無いようなのですが、
食べだすとけっこう食べます。午後と夜は食欲があります。
ただ、嘔吐が多いのと手術が続いたので体重が減っているのとおしっこが少ないです。
なぜか、食後にぴよと暴れたがります。暴れると吐いちゃうので抑えます。
ほんとは遊ばしてあげたいんですけどね。

病気の話が続いて、なんかいい話はないのexclamation&questionって感じですが、
こればっかりはねぇ。
あともうちょっと、ずんたん頑張ろうね。
posted by はなぼたん at 16:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

再手術

29日火曜日にずんたんの再手術が行われました。

前回同様朝ごはん抜き。
今回はおとうたんがいないのでどうしようかな、
と思っていたのですが、私が起きたとき、ちょうど
ぴよだけが起きてきたので、今だ!とご飯を持って別の部屋へ。
ずんたんに気付かれずにぴよにご飯をあげることができました。

12時ごろ病院へ。
先生にずんたんを預けました。
ものすごく不安そうなずんたん。
2回目だしかなりいやな予感がしていると思います。
ごめんね、ずんたんたらーっ(汗)
今日は一緒に帰れるからね。

今回は手術の立会いをしないことにしたので、
夕方6時まで時間があります。
一度帰ろうかとも思いましたが、ぴよとプラプラすることに。

近くにある等々力渓谷に行ってみました。

20080202_再手術@.jpg

歩いていると等々力不動尊に辿り着きました。

20080202_再手術A.jpg

絵馬があったので、これはいい、とずんたんの
お祈りしようと購入しました。

20080202_再手術B.jpg

そのあと、ランチをしにTANGA NILLA CAFEへ。

20080202_再手術D.jpg20080202_再手術E.jpg20080202_再手術F.jpg

真ん中のはワンコ用のお菓子です。
可愛い〜

そのあとは駒沢公園に行ったり、ワンコのお店を覗いたりして、
やっと6時に。おとうたんも仕事帰りに駆けつけてくれました。

病院に行きずんたんを引き取りました。
今回は気管を少し広げる手術をしていただきました。
そのときに内視鏡で写真を撮っていただいて、
ずんたんの体について説明していただきました。
前にも書きましたが、ずんたんは鼻の奥と気管が狭いそうです。
鼻のほうは、これ以上外科的にいじることはできず、
今回、気管を少し広げていただきました。
おそらく、今後も他のワンちゃんより呼吸がつらいかもしれない。
少ないかもしれない。
でも今回の手術で、今、ずんたんにできる最善のことをしていただいたと、
納得できました。
あとは、こちらのほうで太らせないことや、夏は気を付けること。
興奮させすぎないこと。
これらに注意して少しでもずんたんが長生きするようガンバリます揺れるハート

応援していただいた方、ご心配おかけした方、本当にありがとうございましたexclamation
これからも、ずんたん、ぴよをヨロシクお願いします。

おうちに帰ってきてからのことですが、おとうたんに
”これ合格祈願じゃないの?”と言われ、”えっ!?”
と確かめてみると・・・

20080202_再手術C.jpg

がーんがく〜(落胆した顔)ほんとだ。
まぁ、いいかぁ。気持ちが大切だものねあせあせ(飛び散る汗)
posted by はなぼたん at 18:33| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

術後経過

22日、火曜日にずんたんを手術した病院に連れて行きました。
術後の経過を見るためです。

結果、再手術をすることになりました。
気管の入り口を少し広げる手術です。
ずんたんの鼻からなる音がひどいことから、
やはり気管を広げたほうがいいだろう、ということになりました。

日程は今月29日火曜です。

今度の手術は前回よりは軽く、当日に帰ってこれるそうです。
ただ、一番心配してるのが、ずんたんの精神面。
この前の手術後、かなりずんたんの元気がなかったので、
続けての手術で大丈夫かな、と心配。
ただ、当日に帰れるからまだいいかなぁ、と。

こんなお話ばっかりしていると、ずんたんがぐったりしているように
思われるかもしれませんが、実はそうでもないです。
今週はいつもの公園にもお散歩に行ってきました。

20080125_術後経過.jpg

相変わらず、外に行くと吐いてしまいますが、
こんな感じでexclamation&question元気に遊んでいます。
posted by はなぼたん at 22:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

とうとう手術B

20080116_とうとう手術BA.jpg
ずんたんの無事をお祈りするぴよ

手術の次の日、ぴよを連れてずんたんの面会に行ってきました。
面会の間、可哀相だけどぴよは車の中でお留守番。
ぴよがいるとずんたんを抱っこできないからね。

病院に行き、まず、ずんたんと面会しました。
ケージに入ってるずんたん。
私の姿を見ると立ち上がり、また喉から苦しそうな音が出ます。
抱っこすると興奮して暴れる。
落ちちゃうからとケージに入れると暴れる。
邪魔になるからどうしようかと思っていると、
先生に会えるまでもう少しかかるので
ずんたんと待合室で待っていいですよとのこと。
喜んで、待合室でずんたんと座っていました。
ずんたんも落ち着いてきて膝の上で静かにオスワリしています。

しばらくして、呼ばれました。
院長先生とお話です。
先生はずんたんは鼻の穴の奥のほうが狭いとおっしゃいました。
またそれは外科的処置はできない。
なぜなら穴を無理に広げてしまうと吐いたときに
吐瀉物が鼻に逆流してしまうからだそう。
あとはまた吐くことについて少し質問をしてその日は帰りました。

車の中で待たせていたぴよ。
お留守番いいこでした。
少し散歩しようねと近くの駒沢公園に散歩に行きました。

翌日、やっと退院の日です。
またちょっとショックなことを聞きます。
続きを読む
posted by はなぼたん at 16:38| Comment(8) | TrackBack(1) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

とうとう手術A

2時20分、手術開始。
今回は立会いをお願いしました。
見るのは怖かったんですけど、今回は頑張ろうとお願いしました。
手術室が見えるガラスの前におとうたんとぴよと陣取ります。

しばらくすると、ずんたんが手術室に連れられて来ました。
すごく不安そう。
まわりの先生たちの動きを目で追ってます。
手に注射をされます。
いきなり、ずんたんがぐにゃりとしました。
そんなに早く麻酔が効くとは思っていなかったので、ビックリ。
と同時に、怖くなって見なければよかったふらふらと少し後悔しました。

ずんたんの口が大きく開けられます。
鉗子らしいものがどんどんずんたんの口の中に入っていきます。
いつの間にか軟口蓋は切り取られ(おとうたんは肉片が
取り出されたのを見たそうです)、縫う作業に入ってました。
手術の終了が2時45分ごろ。
約25分。想像していたより早いです。
先生が切り取った肉片を持ってきて見せてくれました。
2cmちょっとあります。
肉というのは切り取ると縮むそうなのでもっと大きかったらしく、
他のワンちゃんのより大きいそう。
こんな大きなものがずんたんの気管に入っていたのかぁ。
(肉片の写真を載せようとしたら、おとうたんに止められましたあせあせ(飛び散る汗)

短頭種のワンちゃんは早く目が覚める麻酔を使います。
なので、しばらくするとずんたんが動き出しました。
立とうとしたりイヤイヤしてるのが見えます。

20080115_とうとう手術A@.JPG
麻酔から覚めるところ

3時ごろずんたんは目を覚まし、私たちのほうに連れてこられました。
もう、私たちがわかっているよう。
こちらに来ようとします。
でもずんたん、まだ帰れないよ。

ちょっとずんたんらしいな、というお話が。
ずんたんは他のワンちゃんより目が覚めるのが遅かったそうです。
おそらくずんたんの性格によるものだとのこと。
私たちにはけっこうずんたんがイヤイヤしたりして、
抵抗してるように見えたのですが、
顔に息を吹きかけたり、少しつねったりして起こしたそうで、
そうしないとずんたんはまた寝ちゃったんだって眠い(睡眠)

とりあえず、手術が終わったことで少しホッとし、
また、6時ごろにはもう少ししっかりしているからとのことで、
ずんたんを預け、時間つぶしに出かけました。

6時半ごろ、会いに行くとケージの中でずんたんは起きていました。
喉から苦しそうな音がしています。
外に出してもらって抱っこすると興奮したらしく音がすごくなります。
あまり長くなると疲れるのでとちょっとにして帰ることにしました。

このあとずんたんの体に少し問題があると先生から聞きました。
posted by はなぼたん at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

とうとう手術@

ずんたんの軟口蓋過長の手術が1/10に行われました。
2泊3日の入院です。
軟口蓋過長についてはこちら

少々長くなりますが、お付き合いください。

20080114_とうとう手術@.JPG
「海の男ずんたん」

当日、まず朝ごはん抜き。
ぴよにはご飯をあげなくてならないので、
おとうたんにずんたんと寝ていてもらって、ぴよだけ台所に。
でも、ずんたんは気が付いたらしく、
閉めてしまった扉に張り付いていたそう。

10時〜12時の間に連れてくるようにということだったので、
11時過ぎに、病院に到着。
院長先生にお会いして、気になっていたことをお話しました。
ここ2,3ヶ月、嘔吐がひどくなったこと。
前は、遊んでいるときに吐くことが多かったけど、
最近は外を歩いていて急に吐くこと。
先生は喉だけではなく食道にも問題があるかもしれないので、
バリウムを飲ませてレントゲンを撮ってみたほうがいいとのことで
同時にお願いしました。

ここで、ずんたんを預けて私たちはお昼へ。
この間に手術前の血液検査と心臓の検査が行われます。

1時過ぎに病院に戻りました。
外来が込んでいたので、検査の結果を聞いたのが2時過ぎ。
血液検査の結果は少々規定値から外れていたのもあるけど問題なし。
心臓も大丈夫でした。

バリウムを飲んだときのレントゲンを見せていただきました。
そこには白く食道が写っていました。
ずんたんの食道はほかのワンちゃんより垂れていて、
そこに食べ物が溜まってしまうそう。
その溜まった物を戻しているそうです。

なぜ食道が垂れてしまったか。
しょっちゅう吐いていたため、胃液で食道が荒れたそうです。
よく吐く原因のひとつに軟口蓋過長が考えられ、
今回の手術でひとつ原因を減らせる、ということです。
他に胃が弱いとかも考えられますが、
まずは食道を治そうということになりました。
どうやって治すかというと、ご飯を食べたあと5分間、
ずんたんの体を縦になるように抱っこする、です。
それで、ご飯が胃まで流れるようにするわけです。
1ヶ月ぐらいすればかなり良くなるそう。

いよいよ、手術開始です。
posted by はなぼたん at 16:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

病院納め

20071225_病院納め.JPG

メリークリスマスクリスマス
みなさん、どうお過ごしですか?

我が家はというと。。。今日も病院に行ってきました^^;
ずんたんのカユカユで行って来たんですが、
まったく違う話になってしまいました。

ここ1、2ヶ月、ずんたんの嘔吐が本当にひどくて、
お散歩のたびに吐いていてみんなに心配かけていました。
軟口蓋過長のせいだから手術までの辛抱だ、と思っていたのですが、
ずんたんを観察していると、どうも胃が悪そうな気がしてきました。

最近の症状としては、
家でも吐くけど、外に出ると必ず吐く。
それも、歩いていて急に吐いちゃいます。
軟口蓋過長で吐くときは、たいていお友達と遊んでいるときに
吐いてしまうことが多いのですが、最近のはなんでもないときに吐きます。
あと空腹時に吐くときのように、胃がこぽこぽと言ってるときもあります。
それとやたらゲップをします。

で、いろいろ考えたのですが、
まず、酵母のサプリメントを飲み始めたのが9月12日から。
カユカユのための薬を飲み始めたのは11月26日から。
でも、いつごろから今のような嘔吐が多くなったか、
実を言うとよくわからないんです。
軟口蓋過長のせいだと思っていたので、私の記憶があいまいです。
サプリを飲んだり、薬を飲んだりしたときに、
いつもと体調が違うか、もっと気を付けて見ておくべきでした。
反省exclamation×2

以上のことを先生に相談して、とりあえず、サプリと薬をやめる。
胃薬を処方してもらう。あと、ご飯を食べるときに今も台の上に
のせて食べているのですが、もっと高くして人間のように
食べ物が縦に入るようにする。という方法を取ることにしました。
これで良くなってくれるといいんですけどね。

ぴよの腫瘍はすごく小さくなって、このまま消滅しそうでするんるん

これで一応、今年の病院行きは最後になりそうです。
posted by はなぼたん at 12:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

カユカユ再来+腫瘍!?B

ここのところ毎週月曜日に3回ほど病院通い。
原因はずんたんのカユカユとぴよの腫瘍です。

20071213_カユカユ再来+腫瘍@.JPG

ずんたんは、飲み薬の内容をどんどん少なくしています。
最初の1週はステロイドと抗ヒスタミンの入った薬。
これはすごいですね。
飲み始めて3,4日で痒みがピタっと止まりました。
まったく掻かない。
次の週はステロイドの量を半分にした薬、
ほんのすこーし掻くようになりました。
でも、ほとんど気にならないほど。
で、次の週はステロイドをなくして抗ヒスタミンのみ。
寝起きのような、体の温かいときに掻くようになりました。
で、今週。抗ヒスタミンのみで、量を半分にしてます。
うーん、やっぱ掻きますね。
寝起きが一番ひどいけど普段も掻きます。
それでも薬を飲みだす前よりマシなんですけど。
次は全部飲まないようにするんですが、
どの程度で納まってくれるかなぁ。

怖いのはこちらの心理ですね。
薬は粉薬だったんですが、
飲ませ始めはステロイドっていうのが怖くて、
割りとアバウトに薬の粉を入れてもいいか、なんて考えてたんです。
でもどうせ飲ませるならしっかり効かせないと、とか思って全部入れて。
ところがずんたんが掻かなくなるとステロイドは良くない、
と思いながらも、なんとなくほっとしてしまうんです。
で、今もだけど、少しも残さないように入れてる。

今、ほかにできることはこまめに顔を拭くこと、
お風呂に入れること、あとは酵母をあげてます。

20071213_カユカユ再来+腫瘍A.JPG

つぎはぴよ。
腫瘍は良性でした。ホッわーい(嬉しい顔)
とりあえずは抗生物質を1週間飲みました。
大きくも小さくもならなかったので、
今は塗り薬で様子をみています。
液体窒素で焼くってお話も出ましたが、
本人はなんとも思ってないようだし、
できれば痛い思いはさせたくないなぁ。

ずんたん 9.5kg
ぴよ    7.8kg
posted by はなぼたん at 13:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

カユカユ再来+腫瘍!?A

昨日の続きです。

ぴよは手のところと背中のところにイボみたいなものが
できていたのですが、本人はゼンゼン気にしていないし、
どうってことないかな、とほっといたのですが、
ずんたんが病院に行くからついでに見てもらおうと
軽い気持ちで連れて行きました。

20071120_腫瘍!?@.JPG20071120_腫瘍!?A.JPG
ぴよの前足にできたイボ     背中にできたイボ

ところがそのイボみたいなのは腫瘍だって言われたんです。
たぶん良性のものだと思うけど、病理検査に出して
(これが高かったふらふら)その結果によって治療方法を
決めることになりました。
ついでに連れて行ったぴよがこんなことになるなんて。
勝手な判断をしちゃだめですねあせあせ(飛び散る汗)

ということで一週間後にまたブヒたちを病院に連れて行くことになりました。
最近、病院通いが減ってきたな、と思ってるとこだったのにバッド(下向き矢印)

体重を量ってもらいました。
ずんたん 9.7kg
ぴよ    7.4kg

ずんたんはすこーし太り気味と言われていたのでダイエットしました。
ほぼダイエット完了です。
ずんたん、頑張ったね手(チョキ)
posted by はなぼたん at 10:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

カユカユ再来+腫瘍!?@

20071119_カユカユ再来.JPG

昨日の午後、動物病院に行ってきました。
今回はずんたんのカユカユとぴよにボツボツができたので、
それを見てもらいに。

ずんたんのカユカユは夏ごろから痒そうにしていて、
そのときも病院に行って検査をしてもらったのですが、
ダニ、カビではないとの診断。
眠れてるし、遊んでるときは忘れているので、
抗生物質とこまめのシャンプーで乗り切りましょう
ということになりました。(カユカユカユカユその後

ところが最近は、遊んでいるときも掻くし、
寝て起きたとき、暇なとき、ずっと掻いてます。
どうも顔のしわのところが痒いらしく、
私の体に顔を擦り付けてきます。
蒸しタオルで拭いたりするのですが、
それでは治まらないみたいたらーっ(汗)

ブルドッグ系はもともと肌が弱いせいか、
掻いたところにボツボツができてしまい、
そこがまた痒くなるの悪循環。
ボツボツができないまでも赤くなってしまう。
また、力加減をせず、あの硬い爪でボリボリ掻く。
それ以上、掻かないで〜と止めるとこちらの手が痛い痛いあせあせ(飛び散る汗)

私の推測ですが、顔が痒いから後ろ足でとりあえず
掻けるところを掻いてしまう。
なので、赤くなっているところは、ずんたんが後ろ足で掻ける
前足、頭のてっぺんに限定されていて、他のところはなんともない。
とはいえ痒そうでつらそう。

今回もダニの検査をしましたが、やはりいないそう。
すごく弱い抗ヒスタミンとステロイドの入ったお薬を
一週間だけ飲んで様子をみることになりました。
ステロイドと聞くだけで、怖い気がするのですが、
先生のお話によれば、ステロイドは使い方さえ間違えなければ
非常に良い効果をもたらしてくれるし、分量も通常の10分の1ぐらい
なので心配ないとのことでした。
お話を聞いてもなんとなく怖いのですが、先生を信用して、
また、ずんたんが良くなればいいなと思い飲ませることにしました。

長くなってしまったので、続きは明日に...
posted by はなぼたん at 12:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

手術の時期

20071116_手術の時期.JPG

ずんたんの軟口蓋過長の手術をいつするか、
かなり迷っていましたが、年明け早々にしようと決めました。

実はひと月ほど前に、手術をお願いしよう!と決心し、
動物病院にお電話したのですが、
先生とお話していてまた悩んでしまいました。
もう少し後のほうがいいのではないかと。
で、再度家族会議。
年明けにしよう!ということになりました。

今も一日に一回は吐いています。すごく苦しそう。
早く手術をしたほうが楽になるだろうと思うけど、
成長しきっていなくて、また再手術ってことになったら
もっと可哀相だし。

ずんたん、もう少しの間、辛抱してね。
posted by はなぼたん at 14:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

軟口蓋過長A

20071019_軟口蓋過長A.JPG

昨日の続きです。

病院に電話してお聞きしたのは、
軟口蓋過長の手術を考えているが、1歳ではまだ早いか?です。
もう手術できる!ということだったので、月曜日にお話を伺いに
病院に行ってみました。

当日はぴよも連れて、駒沢公園で遊んでから行きました。
午後の診療開始の時間よりちょっと早く着いてしまったので、
外で待っていたのですが、そのときに後から来られた方と
少し話をしました。
ここの病院は評判がよくて遠くから来られる方がたくさんいること。
フレンチブルドッグが多く、待合室がフレブルだらけだったこともあるそう。
ああ、よかった。

院長先生に診ていただいたのですが、ずんたんを診て、
症状を聞かれ、間違いなく軟口蓋過長だと言われました。
軟口蓋過長について詳しく説明していただき、
またこちらの疑問にも丁寧に答えていただきました。

軟口蓋の長い部分を切るのですが、また伸びてしまうケースとしては、
切る位置がよくない場合と成長期に手術をした場合だそうです。
切る位置がよくないとご飯を食べたときに軟口蓋が引き込まれる
感じになりまた伸びてしまうそうです。
手術をするにはまだ早いのでは、というのが一番の心配だったのですが、
1歳超えていれば大丈夫。もう成長はほぼ止まっているとのことでした。

呼吸は夏が一番大変なのですが、今年より来年のほうがもっと大変だろう。
なので、来年の春までに手術をしたほうがよいとも言われました。
鼻がブーブーなるので鼻腔狭窄なのかと思っていたのですが、
それは軟口蓋過長から来る音だそう。
幸いなことに鼻腔狭窄の手術はしなくてよさそうです。

あとは飼い主の踏ん切りです。

おうちに帰ってきて早速、家族会議。てか報告ですね。
そのとき話したのは、ずんたんの状態が日に日に悪くなってきているので
早く手術をしたい。でも、先生はもう成長は止まっていると言われてたけど、
念のためもう少し後のほうがいいのでは。
また再手術、なんてことになったら可哀相だし。。。

こんな感じで未だにジレンマに陥ってはいますが、
治って元気になることの期待もちょっとずつ沸いてきています。
気が早いexclamation&question

ずんたん、手術は怖いだろうけど頑張ろう。
そして、思いっきりお友達と走って遊ぼうね。
posted by はなぼたん at 13:50| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

軟口蓋過長@

20071018_軟口蓋過長@.JPG

ちと真面目な話です。

ずんたんは軟口蓋過長です。
去勢手術のときに言われました。
軟口蓋とは、人間で言うと喉ちんこみたいなものです。
その軟口蓋が異常に長くて気管の入り口を塞いでしまうため
ゼイゼイと音がしたり、嘔吐したり、ひどいと呼吸困難に
なったりします。

ずんたんの症状は
 ・とにかくよく吐く。
  どんなときに吐くかというと、
  ・ほかのワンちゃんと走って遊んでいるとき。
  ・慣れていないお菓子を食べたとき。ジャーキー等
  ・なんでもないとき。
  等々、外には出ないけど反芻のようにもぐもぐしてるのも含め、
  1日に4,5回吐きます。
 ・のどで変な音がするときがある。
 ・咳(カァーと痰を切るような)をする。
 ・鼻のブーブーがひどい。

これらの症状はずんたんが4ヶ月になったころから始まりました。
一時期吐かなくなったこともあるのですが、
今はまた吐くようになってしまいました。

いろいろ調べているうちに、Qちゃん&凛+のんちゃんのページに
辿り着き、凛ちゃんというフレンチブルのワンちゃんが手術を
受けたのを知りました。

手術についてのご相談はお気軽にどうぞというお言葉に甘え、
心配事をメールしてみました。
心配事とは、軟口蓋過長の手術というのは軟口蓋の長い部分を切るんですが、
それが、また伸びてきてしまうので手術しても無駄、と聞いたので、
その点をメールでお聞きしました。
お返事をいただき、術後3年経つ凛ちゃんが、手術直後と同じように
呼吸器に問題がないというのを聞いて手術を受けようと考え出しました。
ただ、ずんだがまだ成長期なため、もう少し後のほうがいいかと
思っていましたが、先々週あたりにずんたんが喉のところに炎症を
起こしたらしく、いつもよりもっとひどい状態になったこともあって
(ひどい状態は一週間ぐらいで治りました)凛ちゃんが手術を受けた、
クローバー動物病院に電話をしてみました。

長くなったので続きは次回で。。。
posted by はなぼたん at 14:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

抜糸しました

20071007_抜糸しました.JPG

昨日土曜にぴよの抜糸をしてもらいました。
写真は抜糸前で糸がついてます。
毛も剃られてますね。
抜糸後の写真を撮りたかったんですけど、
ぴよは携帯のシャッター音が怖いみたいで、
逃げられてしまいました。

これで、ずんたんにお腹を踏まれることもなく無事終了。
明日からお風呂にも入れるし、外も駆け回れるねるんるん
posted by はなぼたん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

避妊手術

20070927_避妊手術.JPG

24日月曜日、ぴよは避妊手術を受けました。

前日は午後10:00以降は食べ物はだめ、飲み物も12:00まででした。
次の日の朝、ずんたんに食べさせるときどうするか。。。
おとうたんにぴよをほかの部屋に連れてってもらって
こっそりずんたんにご飯をあげました。
ところが食いしん坊ぴよはすぐに気付いてしまい、バタバタ暴れまくり。
そのあとも私が立つたびにご飯?という顔で私を見ます。
可哀相だけど今日はないのよ。

午前11:00に病院に連れて行きました。
最初はいつもの診療のようにしていたのですが、
ぴよを先生にお願いして私が出て行くと、あれっ!?って
顔してました。
ほんとにあれっ!?って感じ。
そのあとちょっと鳴いていたそうです。

手術、立ち会いますか?と先生に事前に聞かれていたのですが、
とても見ていられないだろうとお断りしました。
麻酔が覚めたころに会えますけど、といわれたので
それはお願いしました。

お昼ごはんを食べたりフラフラしながら面会時間まで時間をつぶし、
午後1:45に再び病院へ。麻酔が覚めかけのぴよと会いました。
体にすっぽりと布をかぶせられたぴよが手術台の上にいました。
まだ、目が覚めておらず舌が出ています。
少しすると震えだしました。
麻酔が覚めるときは寒く感じるそうです。
目を開けました。でも、ぼーっとしてる。やぶ睨みな感じ。
名前を呼んでもあんまり反応なし。
それでも本人には聞こえてますよと先生がおっしゃいました。
ケージに入れられたぴよを見届けて帰宅。

次の日、朝の9:00に迎えに行きました。
ぴよは私の腕に乗っかってきてバタバタしました。
ずんたんのときとまったく同じ。
私の感想も同じ。あら元気。
女の子はお腹開くから大変だって聞いてたけど。
待合室でも大興奮。なめまくり。
会計時にバッグに入れたら、あまりに暴れるため
ゴロゴロ床を転がって、看護師さんに笑われてるし。

おうちに帰ってからもいつも通り。
ちょっといつもより多く眠ったかなぐらい。
お散歩も雨の日でなければしていいそう。
10日後の抜糸まで少しおとなしくしてないといけないと
思うんだけど、ずんたんと暴れてる。
ずんたん、お願いだからぴよのお腹、ふまないでね。
posted by はなぼたん at 12:21| Comment(11) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

カユカユその後

20070901_カユカユその後.JPG

月曜日にずんたんと病院に行って、再度カユカユを見てもらいました。
カビの培養はまだ完全ではないそうですが、今のところなさそうだそう。
ブツブツも枯れてきているので、このままもう少し抗生物質と
こまめなシャンプーを続けてみましょうということになりました。
ずんたんが痒そうにしているのも、前より少なくなったような。。。
希望的観測がかなり入っているかもしれませんが。

今日、ワンちゃんについていろいろ勉強されている方と
お話しする機会がありました。
チャンス!とばかりにずんたんのカユカユについて聞いてみました。

酵素がカユカユにいいそうです。免疫力を高めるのだとか。
サプリメントを始めてみようかと思いました。

あと、生肉も。生肉がワンちゃんの体にいいという話は
今までにも聞いたことがあるのですが、あげるのに勇気がいるというか
なんとなく抵抗があって試したことがありませんでした。
でも、やはり酵素を摂るには生肉がいいそう。
生肉あげてる〜手(パー)という方、いらっしゃいますか?

ずんたんの体重 9.8 kg

おおっ、もうすぐ10kg超えちゃう。
それに一週間で300g増えてる><
ご飯あげ過ぎたかなぁ。
posted by はなぼたん at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。